格安SIMが安い理由

格安SIMの一番の特徴は大手キャリアと比べると格段に利用料金が安い点です。同等のサービス内容で契約をしても半額以下に収めることができますので、料金が高くてスマートフォンが持てなかったユーザーも取り込むことに成功しています。

そこで疑問に感じるのがなぜ安く利用できるのかという点かと思われますが、理由にまず大手キャリアからインフラ設備を借りて運営をしているからです。サービスを提供する為には無線基地局や交換機などの通信設備が必要になるのですが、格安SIMの場合は独自でこうしたインフラ設備を持つことなく借りて運営を行っていますので、初期投資や維持費に関して安く済ませることができているのです。逆に言えば大手キャリアは多額のコストを掛けている為に契約料金も高めに設定する必要があります。
販売モデルにも違いがあり、基本的に格安SIMを提供している業者というのは通販型となっています。実店舗もない業者も多く、通販に特化することによって低コストでの運営を実現しているのです。
色々な面でコストが小さいのが安く利用できる理由なのですが、ただ大手キャリアと比較すると劣ってしまう面もあります。例えば通信設備に関しては大手キャリアのものを借りているだけですからインターネットの速度が遅くなってしまったり、通信が安定しないということもあります。特に近年では格安SIMを利用するユーザーも増えてきていますので時間帯によって混雑してしまい、大手キャリアのような安定した通信ができないことがあるのです。
サービスの面でも劣る部分があり、実店舗がない為に丁寧なサポートは受け難いです。対面で説明やアドバイスを受けるといったこともできませんし、トラブルがあった時にも電話やメールでのやりとりが基本ですから不便に感じられるかもしれません。しかし安いというのは大きな魅力でもありますから、不便なところとのトレードオフで格安SIMを選ぶ方も多いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする