MVNOって何?

まず、格安SIMは大手携帯電話会社から通信帯域を購入してサービスを提供しています。実際に携帯電話の基地局を設置し、通信のネットワークを構築している大元の会社をMNOと言います。MNOとはMobile Network Operatorの頭文字からきており、日本の場合は3大携帯電話会社を指します。
次に格安SIMを利用するうえでよく言われるMVNEとは、Mobile Virtual Network Enablerの頭文字をとった名称で、格安SIMを提供する会社にMNOから借りてきた回線を提供する会社となります。新規参入する格安SIM事業者に対して技術的なサポートなどを行う場合もあります。一般的にMNOから回線を借りるためには、ある程度の資金力が必要になります。そのため、企業規模が大きく知名度のある会社が多いことも特徴の1つです。実際には、このMVNEの会社自体がMVNOサービスも兼ねて格安SIMを提供している場合もあります。
最後に格安SIMを検討する際によく聞くMVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略称のことです。一般的には格安SIMイコールMVNOと理解していただいて構いません。この会社が消費者に対してモバイル通信サービスを直接提供しています。
また、このMVNOサービスを利用するうえでは、大元のMNOの通信回線の影響、さらにMVNEの提供するサービスの影響を受けます。そのため、MVNO契約には、最初にMNOとMVNEがどのようなサービスを提供しているのか調べることが重要になります。特にMVNEとMVNO会社はタッグを組んで、スピード切り替えができるもの、低速モード時にバースト転送ができるものなど多種多様な特徴のあるサービスを誕生させています。そのため、MVNOのサービスを契約する際は、月額料金だけを見るのではなく接続条件もきちんと確認した方が良いと言われる所以になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする